食エコ宣言

 いま世界の食糧危機問題が深刻化しています。
いつ来てもおかしくない食糧危機に備え、食品の廃棄を減らすために知恵を絞ること。
それが食品産業界全体の最優先課題だと当社では考えています。
赤田善株式会社は、食品の未来を確かなものにするために、食品のエコロジーに挑戦いたします。

その1 未利用資源の有効活用

これまで、製造上発生する副産物や規格外品はゴミとして廃棄されて来ました。実にもったいない話です。当社の知恵と経験で未利用資源の新たなる需要創造をご提案いたします。

事例紹介
1.規格外品の活用
2.不良商品の活用
3.食品副産物の活用

その2 食品の日持ちを延ばす

加工食品の日持ちを延ばし、食品の廃棄を減らす取り組みを行っています。また、食品の日持ちを延ばすことにより、廃棄を減らすだけに留まらず、流通コストの削減や、販路拡大による、売上利益の拡大をご提案いたします。

事例紹介
1.廃棄を減らす取り組み
2.流通コスト削減の取り組み
3.販路を拡大する取り組み

その3 食品工場の未来を考える

近年、食品は味の面だけでなく、色、形、香り、食感、機能性など消費者の性別、年齢などによりニーズは多様化しています。しかし、全ての食品に共通して求められていることは「清潔で衛生的」であり、「安心・安全」です。当社では、食品の安心・安全を、独自の総合衛生管理システム(TOSCOシステム)によりサポートいたします。また、工場リノベーションの提案で「100年工場」を目指します。

事例紹介
1.100年工場の提案
2.微生物抑制の提案